コンセプトは MOON

今回は、大規模建築の女性設計士が妹さんと、愛猫の女性2人と猫1匹のリノベーション物語です。

自宅でも仕事をするようになり、物が増えてきて前に住んでいた家が手狭になったので、家を買おうかな‥と思い立ったのがきっかけ。

最初は女性向け の新築マンション購入セミナーに足を運んだそうですが、話を聞くと希望の予算に合わず、また女性2人で住むのに丁度良い間取りのものは新築ではなかなかなかったそうです。

他に何か方法はないのか?と色々調べているうちに、当初全く考 えていなかった中古マンションを購入してリノベーションをするという選択肢に出会いました。

最終的にマンションの周辺環境が良く、窓を開けるとすぐに庭に生い茂る木々が見え 眺望が良い事、共用エリアの管理が行き届いていることなどが決め手となって、 世田谷区にある56㎡の物件に決定したそうです。

設計の希望は、
①なるべく間仕切らず、開放的な空間にしたい。
②そして、家のどこかに丸窓をつけたい。
③女子2人で住む部屋だけど、”かわいい”ではなく”カッコいい”部屋にしたい!
この3つでした。
最終プランは、メインとなるアクセントカラーはブルー、その他のベースカラーとしてクリームイエロー。

また、躯体現しの天井に、床はブラックと、とてもクールな印象のカラーで揃えています。

窓の丸いカタチが月のように見えることや、ブラックの床からくる夜空の雰囲気から、コンセプトを『MOON』と名付けられたそうです。

扉や間仕切りを限りなく取り払った開放的な 1LDKプラン。
ベッドスペースは2人で一つの最小限に。
そうする事で残り のスペースを広いリビングに割当てました。 大量に保有するお洋服の収納のために、最終的に決めたのは大胆にリビングの真ん中へWICを配置したプラン。
中央のWICを中心 にダイニングスペース、リビングスペース、ワークスペースと、くるくる歩き回れる回遊性の あるプランは、まるで家の中に路地裏があるような印象です。

「壁に収納を配置するよ りも間口が広くなるし、私たちの生活スタイルにはぴったり」とご満足の様子でした。

2人のご友人が家にやってくると、この部屋を見て、皆いつもとても驚かれるそうです。 案内しなくとも、WICの周りをぐるぐる。誰もが一体どうなっているんだ?!と気になる プランとのこと。

趣味の合う姉妹2人で、楽しく会話をしながら少しずつ増える家具や家族‥黒やブルーのクールな夜空に包まれて、2人と1匹だけの月の明かりを楽しむ カッコいい大人姉妹の女子リノベ空間・MOONの世界でした。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です