まずはここから
そもそも・・リノベーションとリフォームとの違いとは

どちらも古くなった住まいに手を加えることを指しますが、この二つのにははっきりとした違いがあるようです。

主要なリノベーション関連企業が加盟している『一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会』では、以下のように定義・分類しています。

リフォームとは原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処のこと。つまり時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り換える、等が挙げられます。
平たく言うと「元に戻す」と言う感覚ですかね。

一方リノベーションは機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。つまり間取りから内装・配管などすべてをゼロから考え直し、これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、新しい価値を生み出す改修をリノベーションと言います。

例えば、仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる、ファミリー用のお部屋をひとり暮らしに適した間取りや機能に刷新する、等が挙げられます。いわゆる「作り直す」といった工事ですね。

一般的にマンションの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっているケースがほとんどで、個室が細かく区切られ、これから住む人のライフスタイルに合わない部分が多くあります。住む人によって「家族構成やライフスタイル、心地いい間取りや好み、こだわりや好きなデザインは違いますよね。それを住む人の暮らしにあわせて一から刷新するのがリノベーションです。

Sponsored Link

その他、フルリフォームの事をスケルトンリフォームといい、よくリノベーションと混同して使われることがありますが、これも違いがあるようです。

スケルトンとは骨組みのことで、スケルトンリフォームとは、設備の入れ替えや部分的なリフォームではなく、住まいを一旦、スケルトン(骨組)のみ残して、内装や設備をまるごとフルリフォームする方法です。

リノベーションは「住まいを家族構成やライフスタイルの変化に合わせてつくり変え、価値を向上させること」という意味が主体で、スケルトン状態にして間取りを大きく変更する場合と、スケルトンにしなくてもできる場合もあります。

スケルトンリフォームは、必ず躯体が見えるところまで解体して新たに全ての内装を作り直すので、リフォーム後の住まいは新築同様になるのですが、間取り変更など住まいをフルリフォームすることになるので、大きな予算と周到な計画が必要になります。

Sponsored Link