Sponsored Link

キッチンを考える

リノベーションを計画されるなかでキッチンに関心のある方は大変多いようです。お家の中ではおそらく一番家族が集まる場所だし、みんなで活用するのはキッチンだからでしょう。「毎日炊事をするから機能的で掃除のしやすいキッチンが欲しい」とか「家族全員が集まる場所だから料理中も家族と会話が出来るオープンなキッチンがいい」など要望も明確でイメージしやすい場所だからでもあるようです

 

 

キッチンの基本

まずキッチンには、造作キッチンとシステムキッチンの2種類があります。

造作キッチン

まず造作キッチンは、それこそ位置から組み立てるキッチンのことです。素材や寸法、厨房機器など好きなものを組み合わせてつくるオーダーメイドということです。
当然コストは掛かりますが、細部まで自分の希望通りに作り上げることができるというのが最大のメリットです。また、独自のデザインが活かせるだけでなく、お気に入りの食器や家電の大きさに合わせて収納を作ることができるので、サイズがぴったりと合った実用性の高いキッチンを作ることができます。

 

システムキッチン

シンク、コンロ、作業スペースがひと続きの天板になっているため、継ぎ目がなく掃除がしやすいのがメリットです。

サイズや組み合わせのパターンにより費用の目安がつけやすく造作に比べデザインの自由度は下がりますが、面材のカラーや水栓の種類などオプションで選べるパーツも多くあります。毎年アップデートされた最新設備のキッチンがメーカーから登場するため、機能性を重視したい人にオススメです。

プランは以上の2タイプから選ぶことになります。

 

レイアウト選び

キッチンのプラン(タイプ)のイメージ決まったら次はレイアウトです。

レイアウトについては実際に使うことを具体的にイメージしてプランを決める時より細かく、“料理をする頻度””料理形態””家族構成”や“自分に合った収納方法”など、まずはデザイン面よりも機能面を重視して、自分に合うタイプを考えます。

代表的なレイアウトをご紹介します。

 

①効果的な作業を重視した「セパレート型」

・造作/システムキッチン向き
セパレート型はシンク・コンロでの作業が振り返りの動作でできるため、作業の内容、順序によって短い導線で効率的に調理をすることが可能です。さらにダイニングテーブルを横づけにすることで、食事を運ぶ距離が短くなり配膳が楽になるメリットがあります。予めテーブルを置くスペースを確保してキッチンの位置を決める必要があります。

 

②料理好きの方に最適!広い作業スペースがある「U型」

・造作キッチン向き
U型プランの最大のメリットは、パンやお菓子作りなどが存分に楽しめるゆとりのある作業スペースが特徴です。料理好きのご主人にも人気のレイアウトです。キッチンの一部をダイニングテーブルとして料理をしながら対話も楽しめるので、キッチンにいる時間が長いという人にはうれしいレイアウトですね。

 

③空間を有効利用できる「I型」

・システムキッチン向き
壁付けのため、空間を有効活用することができるI型。視覚的にスッキリと見せてくれるので、ミニマムな暮らしを目指す方、ひとり暮らしの方にオススメのレイアウトになります。シンクとコンロの間の作業スペースは60cm以上あると便利です。

Sponsored Link

 

④今人気の回遊性が特徴の「アイランド型」

・造作/システムキッチン向き
外国の映画やドラマでよく見る2方向からアクセス可能な回遊性が魅力のレイアウト! 日本独特の「他人はキッチンに招き入れない」という風潮から、キッチンをオープンなコミュニティスペースとしてホームパーティーの時など、友人や家族と一緒にキッチンに立つことが多い人にぴったりです。家具のようにリビングに馴染む、インテリア性の高いキッチンがつくれるのも開放感のあるアイランド型ならではです。オープンな仕様で人の目に触れやすいので、「システムキッチン+腰壁だけ造作」にして、腰壁のデザインに凝ってみる楽しみも膨らみます。

 

⑤料理に集中できる「独立型」

・造作/システムキッチン向き
個室化された空間にキッチンを配置することで、油煙や匂いが他室に流れる事を防いでくれます。集中して料理がしたい!という方にオススメのプランですがこの事例のようにリビングと隣接させれば、ちょうど良い距離で家族とコミュニケーションを取ることができます。

タイプやレイアウトを決めたら、次はいよいよデザインです。造作の場合は使用する素材や色、寸法までを全て自分好みにオーダーできるため、イメージを明確にしておくと尚スムーズです。また、システムキッチンの場合も、取っ手や面材の色などオプションで選べる部分も多いので、優先順位を絞りながらデザインを楽しむことが出来ます。

*画像はいづれもイメージです。

 

リノベーションとシステムキッチン

初めてのリノベーションで失敗したくないし、分かりやすくて機能的なキッチンの手段としてシステムキッチンを考えたいという方のお役に立てる情報をまとめてみました。

想いとお金と時間を掛けたのに、いざ出来上がったのをみると思っていたのとぜんぜん違うし、使い勝手も悪すぎる。なんて後悔は絶対したくないですよねえ。

失敗しないためには、どのようなキッチンにしたいかと言うある程度明確な方向性を決めておく必要があります。

たとえば「基本的に現状回復で細かいところの使い勝手を修正する」場合と、「この際だからデザインと使い勝手をガラッと変えるたい」という場合です

当然ながら、現状回復のパターンなら工期も費用も安くすみます。程度にもよりますが、例えば収納スペースを引き戸から二段引き出しにしたり、水洗をレバータイプにしたり、IHに変えたりすると。大体70万から100万円くらいで済むケースが多いです。

デザインと使い勝手を変えたい場合には、システムキッチンの交換に加えて、LDK全体のリフォームが必要となると150万円から300万円ほど費用が掛かるケースが多いです

優先順位を明確にする

初めてのリフォームの場合、理想と現実が結びつかず、あれやこれやいろんなことに気をとられ、でも予算は限られてるしで結局決めきれないということがよくあるものです。

限りある予算で満足の行くシステムキッチンのリフォームをするためには、まずは使い勝手、そして家族とのコミュニケーションの取りやすさに重きを置きましょう。

その上で、予算に余裕があれば、ちょっとグレードアップも検討するという方向性がいいと思います。

例えば・・・

料理する時間をなるべく効率的に短縮したいという方には、食器洗浄機やIHヒーターで時間を短縮するというタイプです。

食器洗浄機は手洗いの時間を短縮してくれるだけでなく、高温で洗浄するために衛生的だし、収納も簡単です。

IHヒーターにすると、火災の危険が減るだけでなく、掃除が格段にしやすくなります。ガスコンロの油汚れや五徳の焦げつきを掃除する手間とストレスがなくなり、家事を大幅に効率化できるのです。

 

家族とのコミュニケーションをとにかく大事にしたいという方には、対面型キッチンがオススメです。最近キッチンリフォームの主流は対面型キッチンですね。

最近のトレンドとして1日のなかでキッチンいる時間が長くなって、キッチンを中心にレイアウトを考える生活パターンが一般的になりつつあるという傾向です。

リビングやダイニングと対面しながら調理ができ、家族とのコミュニケーションが増える点が人気です。最近の特徴として友人や身内を招いてもてなす機会が多くなって、対面型キッチンの需要が増えたようです。

Sponsored Link