東京モダン

リノベーション

今回は、千葉県にお住まいで、二人のお子様も無事独立され、もうすぐ定年を迎えるにあたって、これからは東京で夫婦+犬一匹で、ホテル住まいのようなモダンな暮らしがしたいと思ったのがきっかけで、リノベーションされたケースのご紹介です。

何事にもこだわりが強いご主人は、ご自身のイメージしている理想の家を創ることは難しいと考え、最初から中古マンションを買ってリノベーションする前提で物件探しをしようと考えていたそうです。

いろいろ検討した結果、幸運にも銀座に程近く、日差しが良く入り、最上階、しかも角部屋・・・というなんとも うらやましい条件の揃ったマンションが決まりました。

なによりも最終的に決め手になったのは、3面から採光された 洋室を見つけて、「ここをぜひお風呂場にしよう!」と閃いたからだとか。

プランの条件は2つ。一つは最初に閃いた3面採光のバスルーム。そしてもう一つは、海外主張の多いご主人がお気に入りのアジアのホテルのような洗練された モダンな家にしたいということでした。

最終的に完成したのは、元々は4DKだった間取りを アイランドキッチンを中央に据えた、広々とした1LDKにつくりかえたシンプルなプランです。

キッチンの床は白の タイル、すぐ隣のリビングの床全面に敷いたカーペットや、 玄関に設けた収納の色はワインレッドにすることで、白とのコントラストを強調しました。

寝室は内装から小物まで全てブルーで統一。 光が当たる事によって深みが増すブルーの壁の効果で、心も落ち着いてぐっすり眠れる空 間に仕上がりました。

絶対条件だったバスルームは、バス・トイレ・洗面をひとつの空間に配置したホテルライク なデザイン。床・壁全体をシックなグレーのタイルで統一しました。

バスと洗面室の間はガラスで仕切ることによって、一体感のある開放的な空間として演出。

昼は、三面の窓から光溢れる明るい浴室に。夜は照明を落とし、東京の夜景を見渡し ながら大人のムード溢れるバスタイムを演出します。

一番のお気に入りは、広いリビングの壁一面に施したグレーのナチュラルスタックストーン。 天井の梁に間接照明を仕掛けて、ストーンに出来る陰影を楽しんでいるそうです。

第二の人生の住まい作りには、じっくりと時間を掛けて、自分が思い描くとおりの空間を創造していく、という今回のリノベーションは、これからの大人のライフスタイルのあり方を最も象徴的に表現された、なんとも羨ましいケースとなりったようです。

落ち着いた大人の雰囲気漂う空間には、どこからともなくモダンクラシックが聴こえてきます。新たな住まいで送る2人の優雅な生活は、まだ始まったばかりです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です