インダストリアル

そもそもインダストリアルとは、工業的という意味を持つ言葉。無骨でヴィンテージ感(ユーズド感)のあるイメージで作られているのが「インダストリアルスタイル」です。特徴は、「金属」「コンクリート」「タイル」など無機質な素材をベースに、「木材」「レザー」「ファブリック」などの異素材を合わせ、剥き出しの配管やコンクリート打ちっ放しなど、まるで工場をそのまま使うようなイメージが人気です。

91810
リノべる

中央の廊下を兼ねたウォークインクローゼットを挟んで3層になったような間取りが特徴的

91811
リノベる

スケルトンの天井やモルタル、古材などを使用して、やりすぎ感のないインダストリアルテイスト

91812
nuリノベーション

躯体現しやモルタル仕上げが、ラフな質感の1LDKプラン。
濃く深みのあるアカシアフローリングを敷き詰めたリビングダイニング。

92004
株式会社サンリフォーム

天井は完全躯体露出、塗装はせずそのまま風合いを楽しみ、露出した配管やダクトレールも相まってインダストリアルに。

92005
nuリノベーション

窓からのたっぷりの光に照らされて、コンクリートやモクといった異素材の調和が際立ちます。

92006
nuリノベーション

限られた空間を平面・立体的に楽しめるようあえてlevel(段差)をつくり、空間をつなぎつつも緩やかにゾーニング

92007
株式会社サンリフォーム

天井に設けた杉の木製ルーバーは配管の目隠しにもなる上、部屋に実際の面積以上の奥行きを与えています。

92008
リノべる

スケルトンの天井やモルタル、古材などを使用して、やりすぎ感のないインダストリアルテイストに。

92009
株式会社シンプルハウス

無垢床に剥き出しの天井、梁だけ白塗装したインダストリアルな空間に、北欧のインテリアをプラス

92010
株式会社シンプルハウス

コンクリートの躯体むき出しに鉄管、土間にアイアン・・・シュッとしたスタイリッシュなインダストリアル

92011
株式会社ニューユニークス

コンクリート現し、モルタル、木、ステンレス…少し無骨で荒々しい「roughly」な素材で構成された空間

92012
リノべる

天井とリビングの壁は、躯体あらわし。ストレージやウォークインクローゼットの壁は白色の水性塗装

オススメ家具
danis short arm chair
木、スチール、ファブリックが絶妙なバランスのチェア。

92013
リノべる

天井は、躯体のデッキプレートを活かしたあらわしにし、インダストリアルな風合いに。

92014
株式会社サンリフォーム

 露出配管でインダストリアルな要素も取り入れたカンジナビアモダンスタイルのリノベーション空間

92015
リノべる

LDKは、建物の躯体に付いたGLボンド痕(既存の壁工事に使われていた接着剤の痕)を活かしたデザインに。

オススメ家具
GRAMP SUPPLY DESK
フランス軍の演習で使われていた持ち運び可能なミリタリー収納をモチーフにした組立式デスク。