ブルックリンをイメージして

ひとつづきの部屋でありながら、空間を間仕切ることでしっかりとプライベート感を確保したベッドスペースです。照明も壁付けにして空間を有効活用しました。
壁に施工したブリックタイルは、あえてイギリス張りにすることでよりヴィンテージ感を強調。無骨な照明とシーリングファンで男前な空間に。
無骨な印象のマテリアルを用いて、カッコよく仕上げたLDKの様子です。床に施工した無垢フローリングは斜め張りに。空間が広く見えるだけでなく、意匠性もグンとアップしました
Sponsored Link