組子キャビネット

重厚で落ち着いた雰囲気を醸す伝承の住まいには、この昔ながらのテイストと、現代のデザインが融合したキャビネットはいかがでしょうか。

組子が美しいどこまでも特別なキャビネット。
前面のの格子状の装飾が特徴的なキャビネットです。家具の本場、スウェーデンのデザイナーが日本で見た組子の衝立に強い衝撃を受けこのキャビネットの着想を得たと語ります。

食事をする店などで装飾用はもちろん、プライバシーを守る間仕切りとしも使われている日本の伝統工芸である組子細工の職人技に魅かれデザインしています。

格子越しに垣間見える仕切りと、精巧な作りのキャビネットで構成されています。中に入れるものをより美しく、上品に見せる特徴的なデザインです。

趣のある部材の調和と同時に内部に差し込む光がキャビネット内部を照らし、暖かな雰囲気を作り上げる唯一無二のキャビネットです。

土間と小上がりと白い壁、日本伝統のテイストに、この上なく溶け込んで、使い込むほどに愛着が湧く。そんなインテリアですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です