京町家を簡易宿所にリノベーション

京阪電鉄不動産(株)は2日、(株)レ・コネクション(京都市下京区、代表取締役:奥田久雄氏)と京町家再生事業に関する包括協定を締結したと発表した。

今回の包括協定により、京阪電鉄不動産は、京町家を簡易宿所としてリノベーションし、年間10棟の供給を目指していく。

Sponsored Link

レ・コネクションは、2016年の創業以来、京町家を宿泊施設にリノベーションする事業を展開。京都市内に約30棟を運営している。

参考サイト:https://www.ielove.co.jp/column/news/14861/

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です