オートクチュールの和の設え -美しい格子の宴-

完全オーダーメイドで作られた小上がり和室ダイニングです。中央には掘りごたつを、キッチン側にはカウンターを設置して、足が入れられる段差を設けました。PCワークやお子様の宿題タイムに加え、ちょっとした食事の際に、またホームパーティーの時には料理を置くスペースとしても便利なのだとか。

照明には、印象的なルイスポールセンの「パテラ」をチョイス。
昼夜を問わずいつ見ても絵になる、洗練された和モダンの設えとなりました。

和モダンな趣きの小上がり和室ダイニングです。格子の障子戸は杉材をエボニー(黒檀)に着色したことで、ホワイト中心の空間に映える艶やかな仕上がりとなりました。畳の下はすべて収納となっており、布団も収納できるほどの大容量。障子戸をコーナーで閉じれば個室になるため、客間としても使える便利な作りです。
Sponsored Link