ニューヨーカーが恋した日本

リノベスタイル

リノベーションのきっかけ

「ほかにはない、ちょっと変わった部屋に住みたくて、リノベーション物件を探していた」というオーナーは、マンションの購入を考えはじめた当初は、リノベーション済みの物件を中心に探していましたが、これという部屋は見つからなかった、といいます。

結局「自分が好きな部屋は、やっぱり自分で作るしかない! と分かって、手付かずの中古を買ってリノベしようと方針が固まったそうです。

リノベーションのこだわり

オールドアメリカンな雰囲気のバーカウンターをしつらえた対面キッチンに、使い込んだ風合いの木とアイアンで揃えたブルックリンスタイルの家具や照明。
小上がり畳は色違いの縁なし畳を組み合わせ、純和風とは一風変わったデザインです。

水廻りを大きく移動。構造壁の有無がポイント

もともと浴室だった場所は洗面室に。足を伸ばせる広さの浴槽は、キッチンだったスペースを利用して、浴室を拡張することで実現しました。廊下は短い直線のシンプルな動線に。土間も広げて、以前の閉塞感はまったく感じません。

「玄関の位置と梁以外はすべて変わりました。もちろん建物のつくりによるんでしょうけど、スケルトンリノベーションって、こんなに自由になるですね。当初の計画のまま、リノベ済み物件を選んでいたら、きっとデザインか間取りか、どこかで妥協せざるを得なかったと思います」

お問い合わせ・ご相談はコチラから↓

コメント

  1. […] お子様誕生を機にリノベーション 広い仕切りのない空間に憧れてリノベーション ホテルの様な暮らしのリノベーション インテリアの興味が高じて決めたリノベーション 自宅兼オフィスという特殊なライフスタイルのリノベーション 自分の好きなように自由にカスタマイズ出来るリノベーション 保育園の待機児童が少ない、自分たちの希望のエリアでリノベーション 友人を招いてホームパーティーが楽しめるリノベーション イベント好きな夫婦が実現したホームパーティーができるリノベーション 12年間住み続けたアパートから心機一転のリノベーション 結婚を機に奥様の実家のそばにリノベーション 「広く」「自由」な住まいを希望し実現したリノベーション 画一化された新築に魅力を感じなかったためにリノベーションを選択。家族それぞれに居場所があるプラン。 結婚を機に住みながら自分好みの空間を作りたいと思ったのが動機。自分の住むところを含め周辺地域と環境を重視。 友人が経験していたのもあって、自由に空間を創れるリノベーションを選択。奥行きの感じられる京町屋の空間を参考に。 長男の誕生を機にリノベーションを決意。広いリビングと、ヴィンテージの風合いが感じられる家 仕事柄いつか自分の好きな空間を細部やディテールまで全てを一からデザインして住みたい。が動機とこだわり 奥様の会社の話題からリノベーションを決心。イメージはヨーロッパの庶民的でマニッシュな雰囲気のホテル 4人家族で手狭になったので自分の好きな空間が出来るリノベを決意。今までの生活圏を変えずに生活できることが条件 年齢的に近い友人達が家を購入し始めていたため決意。ゆったりとした時間が流れる落ち着きのある家と言うコンセプト 「新築はどれも似たような物件ばかり。2人のライフスタイルにあった住まいをつくりたい」との想いから 駐在先のオープンスタイルのシャワールームが「とても使い勝手がよかった」ため、水廻りに間仕切りのない家に住みたい アメリカンヴィンテージの中に、小上がりの畳スペースで和の要素を取り入れた、ユニークなテイスト。 大事に育てているアクアリウム。熱帯魚たちが水草の間を泳ぐ様子は美しく、インテリアとして活かしたい、 転勤の多い職場に勤めていたので、もっと交通の便のいい場所に住みたいと思ったのがきっかけでした お父様所有のマンションを譲り受けお子様のお部屋を造ってあげたいというご希望をきっかけに、 家の購入は考えてなかった時に、チラシで見た間取りに惹かれたのがきっかけ もっと広い場所で自分の好きな空間に住みたいとの思いから、購入を決意されました。 希望されたのは、まだ小さいお子さまを見守れる開放感のあるお住まいです。 お子様の成長によりお引越しを考え、中古を買って自分たち好みのインテリアにしたい 今まで集めてきた家具や雑貨などのコレクションが映えるような、自分好みの家に住みたい 大容量のWICを開放すれば、そこはお気に入りのファッションを楽しむフィッティングルームに […]

タイトルとURLをコピーしました