無理しない。プレーンなWHITE×MOKU

リノベーションのきっかけ

結婚から1年が経ち、マイホームを考え始めたご夫妻。
「新築はどれも似たような物件ばかり。2人のライフスタイルにあった住まいをつくりたい」との想いから、リノベーションを前提に中古マンションを探し始めました。

リノベーションのこだわり

お二人が希望されたのは、「自然」なデザインのお部屋。ずっと生活するところだから、無理せずに暮らせる、自然なインテリアにしたかったんだそうです。

住まいの中でも、特に長い時間を過ごすリビングはできるだけ広くしたいので、洗面所・浴室の向かいにあった和室は撤去して、広々としたLDKに。合わせて、トイレのドアも玄関側に変更しました。

一切の段差や見切り材のない、シームレスな床もポイントです。段差をなくすことで、複数の空間が一体的に感じられるようになり、実際よりも広く感じられる部屋になりました。

Sponsored Link

機能美のあるキッチン

対面キッチン、ステンレスの天板、IHではなくガスコンロ――奥さまの「理想のキッチン」を実現するため、3つのプランをご提案。結果、ウッドワン社「su:iji」のセミオープンタイプで、スタイリッシュなヘアライン仕上げのステンレス天板を採用しました。
本体はパインの天然木。木を基調としたリビングに自然と溶け込むインテリアとなっています。

二人でキッチンに立つときも、スムーズに動ける通路幅。リビング・ダイニングに油がはねないよう、コンロの前に壁を立て、セミオープンのレイアウトとするなど、機能面にも配慮しました。

Sponsored Link

収納力をアップする土間空間

ご主人の趣味は登山やアウトドア。今後も増えていくアウトドアグッズをしまうスペースをつくるため、玄関わきにあった4.9畳の洋室を、玄関と一体化した土間空間に。
靴、上着など、かたちや大きさの異なるものを置けるように、壁には可動棚を設置。奥さまいわく、「十分すぎるほどの収納」を備えた住まいになりました。

「思い描いていた理想通りの家ができましたが、今ある家具や雑貨は、前の住まいから持ってきたものばかり。これからは、この家に合う、2人のお気に入りになるようなものを少しずつ集めて、家を育てていきたいです

お問い合わせ・ご相談はコチラから↓

Sponsored Link