カフェ風インテリアにこだわる 《その2》

 

Sponsored Link
Sponsored Link

カフェ風テイストのリノベーション

 

リノベーションをイメージする際、「好きなインテリアスタイルは?」という質問をしたら、カフェスタイルと答える人が多いようです。おそらく誰でもお気に入りのカフェで過ごす快適でゆったりとして、センスがよくオシャレな空間というイメージがあるからだと思います。

一概にカフェ風と言っても西欧風カフェ、西海岸風カフェ、ギャラリーのあるカフェ、ベーカリー併設のカフェ、音楽を楽しむカフェ、古民家風カフェ、変わったところではハンモックがあるハンモックカフェなどスタイルもテイストもまちまちですが、カフェ風を演出するには主につぎのようなポイントを押さえておくといいようです。

 

まずは床材の素材にこだわる

 

市松模様の無垢材の床

 

市松模様が印象的な木の温かみが全面に感じられる無垢の床床の張り方でちょっぴりレトロで懐かしい雰囲気を掻き立てながらも、世界各国の家具や食器、小物を飾った時に調和するような国境や文化を超えた世界をイメージして、家具の映えるシンプルな空間を創り上げています。

 

 

 

 

無垢ホワイトオークの床

 

無垢ホワイトオークを天井に敷き詰めたキッチンから広がる木のぬくもり。浅い色合いだからこそ節や木目の表情が生き生きとあらわれ、自然な風合いが際立ちます。

 

 

 

 

ヘリンボーンの床

 

何年経っても色褪せない木の魅力をふんだんに取り込んだ安らぎの空間を演出するフローリングは無垢オークのヘリンボーンです。開きにした魚の骨に似る形状からニシン(herring)の骨(bone)という意味をもつおしゃれで飽きの来ない独特の木目と、柔らかな木触りが満喫できる人気の無垢床です。

 

 

 

 

こんなチェアはいかがでしょうか

 

スチールウッド チェア
スチール x ウッドのモダンクラッシックス。

 

名前からも分かるようにスチールとウッドによって作られたチェアです。椅子の素材としては伝統的である、スチールとウッドを斬新に集合体にしています。現代的なチェアよりも繊細で、年月の経過とともに木のつやが増し、独自のテイストが出来上がっていきます。さらにシンプルなシルエットは、カフェテラスにもリビングにも自然に溶け込みます。

 

 

Sponsored Link