ミッドセンチュリー

Mid-Century”ですから、まさにミッド(真ん中)なセンチュリー(1世紀)ということです。具体的には20世紀の真ん中である40年代~60年代に流行したスタイルを指します。もともとは国ごとにミッドセンチュリーを呼称していましたが、アメリカのミッドセンチュリーが世界的に大ブームとなり、それ以降【ミッドセンチュリー=アメリカの20世紀中期ごろのデザイン】といった印象となりました。

92101
株式会社 OKUTA

天井壁はめいっぱい確保するために、あえて電気配管をすべて露出型の鋼管にすることで、インテリア性と住まい勝手を両立しました。

92102
株式会社 OKUTA

天井の梁は、思い切って赤の塗装することで立派なインテリアに変身!
柱型にはモルタル塗装と照明を施し、個性的でモダンなお部屋を印象付ける重要なアクセントとなっています。

92103
スバコ不動産

和室の名残のある洋室や、収納の使い勝手悪かったりと現代のライフスタイルにそぐわないと感じ、空間全体を見直し快適でスタイリッシュな空間を意識しプランニング

92104
株式会社 OKUTA

もとは壁のあったキッチンと洋室は 壁を取り去り 1室の大きなLDKに変わっています。 壁中の柱はあえて 「あらわし柱」 に残し 木立が佇む涼やかな景色を造りました。

92105
株式会社モリタ装芸

空間のテーマは「モロッコ」。オールドキリムと呼ばれるヴィンテージラグを使ったクッションが並ぶ造作ソファが特徴的な空間。

92106
株式会社 OKUTA

深い味わいのブラウンの色合いをベースにした、落ち着いた印象のLDKです。

92107
三菱地所レジデンス

アンティーク照明や家具など、古き良き時代のアメリカンファニチャーをとりいれた、ミッドセンチュリースタイル

92108
株式会社OKUTA

昭和レトロとミッドセンチュリーな珈琲店

92109
ハウストラッド
92110
スクールバス空間設計株式会社

使い込むほど味わいのあるミッドセンチュリーリノベーション。

92111
株式会社 OKUTA

「北欧デザイン」 を土台に ご希望のパーツ(タイル、色、アーチなど)を センス良く古材風に馴染ませて シンプル+αの I様らしさを感じるデザイン

92112
株式会社リボーンキューブ
92113
ルミナスクラブ

ミッドセンチュリー家具の特徴の一つは、イームズチェアに代表されるような「曲線」です。

92114
団地インテリア

ミッドセンチュリーな部屋を作るには、1950~60年代当時の欧米インテリアの雰囲気を演出することが重要です。

92115
リノベ不動産

ミッドセンチュリーテイストの部屋作りのポイントをご紹介します! 

92116
インテリアアーカイブス

斬新で自由なデザインと鮮やかな色使いが魅力の、ミッドセンチュリーモダンインテリア。