玄関

玄関

家族が出かけたり帰ってきたり、友人や知り合いが訪ねてきたときに利用する玄関は、まさに家の顔と言っていいほど家全体の雰囲気を表します。マンション新築時に設計される玄関や廊下は、どうしても狭く暗い場所としての役回りを強いられていると感じがしてどうしても下足するところというイメージが強かったのです。

その理由はマンション販売側の販売戦略にあったのです。

理由その1:「なるべく部屋の表面積を大きく」という大原則

何故かこだわりが強い「6帖以上の部屋」なんですが、間取り図面を見た時に「5.5帖の洋室」と「6帖以上の洋室」を比べると、印象として大きな差がありますよね。なんだか6帖無い部屋はとても狭く感じてしまいます。

これを何とか少しでも広い印象を与えるために、その犠牲になったのが玄関の面積です。なるべく玄関廊下の面積は最低限に抑え、少しでも部屋の表示面積を大きくすることに注視しがちになります。いわゆる図面映えする間取りになってしまうのです。

結果、ベビーカーを置いてしまえば大人はやっと通れるスペースしかない玄関になってしまい、購入する方の意識も居室の広さにとらわれ、玄関は狭くてもしょうがないという暗黙の了解らしきものがあって、広さが取れない玄関となってしまうことが多いのです。

理由その2:居室表示へのこだわり

玄関がジメっと暗いイメージには採光の問題があります。玄関には採光のための窓がほとんどないからです。これにもマンション販売上の戦略があったのです。

マンション住宅の販売広告等では「居室」と表示するには、建築基準法の採光の規定(建築基準法第28条)により原則として採光の取れない窓に面していない部屋は「居室」と表示できないため、「納戸」と記載しなくてはならなくなるのです。

例えば3LDKと表示したくても、窓が無い部屋が1つある場合は2LDK+納戸または2SLDK(S=サービスルーム)と表示しなくてはならなくなるのです。

そのため玄関や廊下、収納スペースに窓も設えるよりは、極力部屋に面するように設計して、部屋数の多いお部屋に見せて販売したいという心理が働き、その犠牲として玄関に対する配慮は後回しにされてきたようです。

玄関+収納スペースという意識へ

マンションリノベーションをお考えの方は、このような玄関に対する不便を経験された方が多いようで、リノベーションをキッカケに玄関の在り方に注目される方が増えているようです。

玄関が単なる靴の脱ぎ履きをする場所はなく、ベビーカーをらくらく扱えるスペースや自転車やアウトドアグッズの収納スペースとして、また、ホビーの作業スペースとして有効利用したいという意識が高まっているようです。最近では土間を取り入れているリノベーションも多く見かけられます。

部屋全体のリノベーションデザイン入り口として、とても凝った作りが増えています。

施工会社様の事例を紹介させていただきます↓のでご参照いただければ幸いです。

参考にしたい「玄関リノベーション」の施工事例

マンションの玄関のリノベーション事例13選!費用相場やポイントも紹介! | マイリノジャーナル
新築マンションでは、玄関には扉つきのシューズクローゼットが設けられているのが一般的です。リノベーションでは土間を設けたり、動線を工夫したりするなど、オリジナリティあふれる玄関にすることも可能。マンションの玄関のリノベーシ...
玄関はお家の顔。入った瞬間「ステキ!」と言 われる玄関リノベ8例
ブログページです。中古マンションや戸建てRead More...
玄関にも個性を!リノベーションのビフォーアフター事例6選[玄関編] | リノベる。ジャーナル
20年、30年前の中古マンションとは、大きく様変わりした空間のひとつが玄関。かつては「履物を変える」だけの閉鎖的な場所でしたが、昨今は広々と開放的な土...
一番はじめに玄関のことを考えて欲しいリノベーションの話 | リノマガ
リノマガ | マンションをリノベーションするにあたって、まずはリビングでの過ごし方やキッチンの利便性の優先順位を上げがちですが、ほとんどの中古マンションが玄関に気を使っていない現実から、もっともリノベーションの満足度、効果(やった感)を上げやすいのが玄関かもしれません。玄関のリノベーション事例を紹介します。
一級建築士が選ぶセンス&機能性ありのリノベーション玄関事例4選|中古マンションのリノベーションならゼロリノべ
空間を広く見せる、収納機能つき、土間、まるで外のような玄関など、センスと機能性が光るリノベーションされた玄関を一級建築士が解説します。
「土間のある家」リノベーションアイデア集!実例・費用相場も紹介! | リノベる。ジャーナル
「土間」といえば、昔の日本家屋の玄関にあるイメージが強く、現代ではあまり馴染みがないと感じる方も多いのではないでしょうか。 しかし、家の中にありながら...
広い玄関土間がお気に入り。中古マンションを自分好みにリノベーション!|リフォーム・リノベーション事例|長谷工リフォーム
長谷工リフォームのリフォーム・リノベーションの施工事例「広い玄関土間がお気に入り。中古マンションを自分好みにリノベーション!」をご紹介します。
ますます増える、リノベで玄関土間のある生活を楽しむ人々
マンションリノベーションの三種の神器のひとつ「玄関土間」。ひと口で玄関土間と言っても、活用方法はさまざま。玄関とそこに接する廊下や部屋を合わせてスペース(土間)を作り、その空間を自分流に楽しむ暮らしをご紹介します。
設計士の家族リノベーション主役は玄関。モルタルのベンチに緑を植えて。
設計士ならでは。物件探しの決め手は? 結婚4年目を迎える斉藤家は、夫婦と3歳になる娘の3人暮らし。約83㎡ある築32年のマンション物件をフルリノベーションし、昨年から暮らしはじめた。それまでは都心に住んでいたが、保育園の落選が続いたこともあり都心から少し離れた場所で物件を購入した。 「2歳になる娘の保育園入園に間に合うRead More...
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました