「すごもり」をホームバーで快適に過ごす

ホームバー
  1. 「すごもり」をホームバーで快適に過ごすというご提案
    1. ホームバーがあると巣ごもり生活はどう変わる?
      1. ①感染も、時間も気にしないでゆっくり自由に飲める
      2. ②宅配インフラがもっと広まり、家飲みも充実する
      3. ③育児の合間にゆっくり安らぐ時間が持てる
      4. ④ON,OFFのための重要な空間になりえる
      5. ⑤趣味を見つけ、親睦もはかれる場所になる
    2. 自宅ホームバーにはいろいろなパターンがあります。
      1. カウンターキッチンタイプ
      2. ラウンジタイプ
      3. ミニバータイプ
      4. ゲストと一緒に楽しむホームバー
      5. 一坪ホームバー
    3. ホームバーを演出するインテリアのコツ
      1. 対面キッチンをカウンターにする
      2. バー感を演出する照明を選ぶ
      3. バーのある空間は落ち着いた色合いにしてみる
      4. 素材にこだわってみる
      5. 見せる演出をしてみる
    4. キッチンをホームバーにする費用相場
      1. 既存の壁付けキッチンを対面タイプにリフォームする場合
      2. 既存の壁付キッチンをそのまま使用し、向かい側にカウンターを設ける場合
      3. ワインセラーを導入した場合
        1. 上記の費用は、各リフォームを単独で行った場合の目安です。実現したいホームバーのタイプと規模で費用も随分変わりますので、専門の会社にご相談ください。
    5. ホーム・バーの施工例です。
    6. ホーム・バーにおススメのインテリアです。
      1. スツール
      2. ペンダントライト
      3. プラスαアイテム
    7. 関連

「すごもり」をホームバーで快適に過ごすというご提案

新型コロナ対策の救世主として、いよいよ日本でもワクチン接種が始まりましたね。でも世界的な争奪戦でなかなか接種が進まないのが現状です。(2021年3月現在)

一年以上もステイホーム状態で、いまや家にいる時間をいかに有意義に過ごすかという生活に慣れ始め、習慣化さえしてきていますね。

好きな「外飲み」をじっと我慢されている方も多いと思いますが、そんな方々のために「リノベーション(リフォーム)でホームバー」を検証いたします。参考にしていただけるとうれしいです。

ホームバーがあると巣ごもり生活はどう変わる?

①感染も、時間も気にしないでゆっくり自由に飲める

緊急事態宣言化、一番大変なのが飲食業の皆さんです。とにかく感染の巣みたいに思われ、客足もパッタリ途絶えて本当にご苦労を重ねていらっしゃいます。
コロナ感染危機がなくなって、早く前のように自由に飲食できるように願うのみですが、飲みに行けない人のほうも。フラストレーションがかなりたまっていますよね。

コロナをきっかけに、家にいる時間が長くなる生活スタイルが当たり前になってくると、必然的に「家飲み」が増える傾向にあるんじゃないでしょうか。
家飲みばかりで気分転換に「久ぶりだけど、今日は外に飲みに行こうか」なんて会話が新たな生活のリズムになる日がくるかもしれませんね。

②宅配インフラがもっと広まり、家飲みも充実する

今は緊急事態なので、飲食の宅配需要が異常ですが、これだけ宅配業者が参画し宅配インフラがもっと定着し日常化すれば、「好きな食べ物を家でゆっくり食べる」というのも定着していくんじゃないでしょうか。

また、食材を取り寄せて、家族や親しい友達と料理を作りながら、こだわりの料理とお酒を楽しむというコミュニケーションの時間が増えるスポットにしたいですね。

③育児の合間にゆっくり安らぐ時間が持てる

「ジェンダー」という言葉が、これほど身近で話題になったことは余りありませんよね。
しかし「ジェンダーフリー」が積極的に取り上げられていながら、育児に関してはいまだに「ジェンダー」と感じるのは私だけではないはずです。

そんな気持ちを抱えながら、頑張っている女性のためにも、ゆっくりくつろげる空間と時間が家の中にあると、少しは救われるような気がします。

小さなお子様を持つ子育て中の女性が唯一ホッとできる時間が「21時から23時」というデータがあります。ほんの一時、奥様が「ポワ~ッ」とする場所がホームバーであってほしいですね。

④ON,OFFのための重要な空間になりえる

「ホームワーカー」にとって毎日の仕事で難しいのは、ONとOFFとの切り替えです。会社に出勤して仕事をするときは、通勤とか、始業前や昼休みなどのちょっとした時間で同僚との何気ない会話、帰宅時のちょっと寄り道など、なんとなくONとOFFが切り替わっているのですが、自宅で朝から寝るまで完結しようとすれば、なかなかON,OFFの切り替えが難しくなり、それがストレスとなって仕事も家庭内もギスギスしたものになりかねません。

自宅で仕事をしているときは、やはり会社にいる時と同じような意識でやらないとうまくいかないし、合間に家族と上手くコミュニケーションをとるなんてことは容易にできないでしょう。

だったら、会社に行っていた時みたいに時間を決めて、18時になったら仕事を終えて、ちょっとホームバーで気分転換なんてメリハリをつけるのも、いいパターンかもしれません。

いつも通りいつもの店によって軽く飲食して帰宅するという行動を、ホームバーに切り替えるというのもいいんじゃないでしょうか。

⑤趣味を見つけ、親睦もはかれる場所になる

20歳から60歳以上の男性を対象に行った「男性の料理」に関する調査によると第一位は「料理が好き・楽しいから」ですが、6位には「家族や恋人に喜んでもらいたいから」という回答がありました。

男性は誰かに喜んでもらったり、褒められたりしたことで、始めるきっかけにすることがあるんです。
いきなり本格的な料理を作るのはなかなか難しいから、ホームバーで簡単な料理を作ってみるというのも趣味のきっかけになるかもしれません。

そして親しい友人や親せきなどを招いて、お酒を飲みながら作った料理を出して、それが褒められたら、一気に料理が好きになり趣味になるケースもあります。

自宅ホームバーにはいろいろなパターンがあります。

カウンターキッチンタイプ

対面キッチンをそのままホームバー仕様にする方法なら冷蔵庫・洗い場(シンク)・コンロなどが揃っており、カウンター越しに飲み物やおつまみの提供がしやすく、使った食器もすぐに下げられ便利です。転用しやすいタイプと言えますね。

またカウンターテーブルは、バーとしてだけではなく、朝食をとったりおうちカフェを楽しんだりする場所としても便利です。

ラウンジタイプ

リビングに深く座れるソファに、低めのリビングテーブルやサイドテーブルを配置して、くつろぎの空間タイプです。飲みものやおつまみはキッチンで用意して、トレーやワゴンで運んでくるかたちになります。

ミニバータイプ

居室や書斎などの一角に設けるタイプです。ボトルを並べる棚や小型の冷蔵庫を設置するだけで、そこはミニバーに早変わり。もっと簡易なものであれば、ワゴンを用意してお酒やグラスを並べておくだけでもリラックスした雰囲気が楽しめます。

本当に簡易的なバーですから、器用な人はDIYで作れるでしょうね。

ゲストと一緒に楽しむホームバー

ダイニングとカウンターを近接して、ライブ感のあるホームバー。
食事とアルコールをトータルで提供しつつ、ゲストと一緒に楽しみたい人におすすめのスタイル。

画像引用:https://suvaco.jp/doc/drink-homebar-150309

 

一坪ホームバー

例えばたった2脚のスツールだけの、本当にアットホームなホームバーです。シンプルで清潔なカウンターを挟んだバーはホッと安らぎを与える空間です。

規模だけがホームバーの魅力ではなさそうです。

画像引用:https://suvaco.jp/project/klw7502Ze

 

 

 

ホームバーを演出するインテリアのコツ

対面キッチンをカウンターにする

新たにホームバーをリフォームしなくても、最近よくみられるシステムキッチンの主流になっている対面キッチンなら、その前にテーブルを設置するだけでホームバー仕様にできます。

カウンターテーブルが付属しているタイプだったら、バースツールを何脚か並べるだけで、一気にバーらしい雰囲気になりますね。

バー感を演出する照明を選ぶ

バーと言ったら明るさを抑えて照明を思い浮かべる人が多いでしょう。TVドラマにしても映画にしても、バーだったらこんな照明っていつの間にか刷り込まれているんですね。
それには非日常感の雰囲気を出すという演出も多分に含まれているからです。

「家庭の一角にある非日常の空間」という演出をすれば、ホームバーは何かワクワクする場所でもあり、落ち着く空間になり気分転換にはもってこいの場所になりますよね。。

つまりバーの落ち着いた雰囲気を演出するためには、照明器具の明るさを抑えることですね。
ダウンライトやスポットライトタイプの照明は、真下ではなく壁を照らすように調整するしたり、小型のペンダントライトを複数並べて吊り下げるのもおしゃれです。また、調光機能を搭載した照明器具を選ぶと、使用目的に応じて明るさや色味を調整することができます。

画像引用:https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=49

バーのある空間は落ち着いた色合いにしてみる

バーの雰囲気を演出するには照明の他、落ち着いた色合いにコーディネートするという方法もあります。
基本的にはダークトーンやウッド基調といった落ち着いた色合いでまとめるのがおすすめです。

「シックでモダンなバー」「ヨーロッパ風のヴィンテージなバー」「ラフでカジュアルなバー」といったお気に入りのバーのテーマを決めて考えます。

また西海岸風のカルフォルニアにありそうな原色系の明るい感じでコーディネートするのもポップでたのしいですね。

素材にこだわってみる

タイルやウッドパネル、レンガなど凸凹のある建材は、ほかの生活空間とは違った雰囲気を醸し出す演出として使ってもいいですね。

落ち着いた照明で、表情豊かな陰影が生まれ素材の上質感を強調してくれます。

見せる演出をしてみる

おしゃれなカウンターバーなどでは、カウンターの正面にいろいろなお酒や、グラスなどを陳列して、いかのもバーに来たなって演出がありますよね。
まあ、本物のバーは演出の他に、実用的だからっという理由もあるでしょうが、ご自宅のプライベートバーなら、せめてその雰囲気が出せれば、なんかワクワクしますよね。

オープン棚を設置してリキュール瓶やグラス類を並べ、LED照明を仕込んでライトアップしたり、カウンターの上部にハンギングシェルフやグラスハンガーを設けたりすると、バーらしい雰囲気がぐっとアップします。

そんな遊び心を楽しみたい空間であって欲しいものです。

キッチンをホームバーにする費用相場

既存のキッチンをホームバーにリフォームする場合の概算費用です。

既存の壁付けキッチンを対面タイプにリフォームする場合

グレードや設備によってかなり幅がありますが、目安は、80〜200万円ほどになります。

既存の壁付キッチンをそのまま使用し、向かい側にカウンターを設ける場合

既成の家具を据え置きするだけであれば5万円〜
既存の対面キッチンにカウンターテーブルを造作する場合の費用は材料費・工事費合わせて10万円〜が目安です。

ワインセラーを導入した場合

ワイン好きの奥様とちょっと優雅なひと時を過ごしたいとなれば、多少無理してワインセラーを設置するというのもいいですね。
ワインセラーのタイプを大まかに分けると、据え置きタイプとビルトインタイプの2種類。据え置きタイプは工事不要なので、電源さえ確保できればお好みの場所に設置でき、小型(ワイン8本程度収納)の製品であれば1万円ほどで導入することも可能です。
高級メーカーの大型ワインセラーの場合には、設置費用を含めて100万円を超える製品もあります。

上記の費用は、各リフォームを単独で行った場合の目安です。実現したいホームバーのタイプと規模で費用も随分変わりますので、専門の会社にご相談ください。

参考:グローバルベイス「自宅ホームバーのすすめ。カウンター越しに語らう時間」

ホームバーの実例集はコチラを参照ください↓
参考:SUVACO「ホームバーのある暮らしで、いつでも気兼ねなく自宅でしっぽり」

ホームバーの実績のある会社に相談してみませんか。
・新築価格の半額で購入できる中古マンションリノベーション【グローバルベイス】
 

ホーム・バーの施工例です。

スポーツバーのようなホームバー

(SUVACO)

ゲストと一緒に楽しむホームバー

(SUVACO)

天然木でシック、迫力のカウンター

(SUVACO)

一坪ホームバー
(SUVACO)

多くのゲストと
楽しい時間を過すホームバー
(SUVACO)

清潔感のある明るいホームバー
(SUVACO)

気軽なハイスツール
(SUVACO)

機能的なスツール
(SUVACO)

ワインセラーのあるホームバー
(SUVACO)

落ち着いたカフェのようなホームバー
(SUVACO)

こじんまりとした艶やかなホームバー
(SUVACO)

リビングと直結したホームバー
(SUVACO)

ホーム・バーにおススメのインテリアです。

スツール

パイン無垢材とアイアンの素材感が味わい深いスツール。無駄を省いた簡潔なフォルムが美しく印象的です。座面のパイン材は無垢材を使用しているためひとつひとつ表情が異なり、ビンテージ加工を施したうえ使い込まれて日に焼けたような特殊塗装で仕上げられています。

細身のアイアンがシャープな印象のカウンターチェア。背面に付いているブラス色のハンドルは、チェアを引く際の実用性とあわせ、デザインのアクセントにもなっています。カウンターに合わせると、バックスタイルからも存在感を主張します。

シーンを選ばないシンプルなバースツール。シートおよびバックが張り込まれたオーソドックスなスタイルですが、華奢に見えることなく、名前の通りゆったりとした風格を感じるデザインです。

キルティング縫製が特徴的なバースツール。厚くゆったりとしたシートは、縫い目の交点で引き込むことで、グラマラスでラグジュアリーな印象を与えます。座面の内部構造には強度の強いダイメトロール(布バネ)を採用。フレームはクリアラッカー仕上げです。

体をホールドされるようなエレガントでありながらパワフルなデザイン。脚部の補強桟をX型にすることで、通常のバースツールではない印象を与えています。座面の内部構造には強度の強いダイメトロール(布バネ)を採用し、座り心地の向上と軽量化を実現しています。フレームはクリアラッカー仕上げです。

アメリカのダイナーやコーヒーショップのカウンターで使われているハイチェアをイメージしてデザインされたスツール。座面を回転することで高さ調節ができます。座面にはシノン・レザーチェアと同じレザーを使用しています。

<

小ぶりな座面と3本脚のバランスが特徴的な昇降式のハイスツール。座面下のレバーを持ち上げるとロックが解除され、無段階で座面の高さを変えることができます。黒い鋳物製のパーツには「JDEAL,MECH.PAT」と刻印されています。

緩やかにカーブしたファブリック張りの座面が背中をほどよくサポートするハイチェア。落ち着いたダークブラウンの木部色とフロアーのカラーリングを合わせてお選びいただくと、より統一感のあるレイアウトが可能です。ベーシックで癖のないデザインはどんなインテリアにも馴染みます。

Northern Ohio Industrial co.,LTD.製のハイスツール。座面を持ちながらレバーを引くとロックが解除され、約2cmピッチで加工された穴位置に合わせて座面の高さを変えることができます。

アメリカ出身の世界的な木工家具作家、ジョージ・ナカシマによりデザインされた「ミラチェア」。特徴的な三角形の座面に三本脚というつくりでありながら、見た目以上に安定感があります。座面には微妙なカーブ加工が施され、座り心地の良さも追及されています。小ぶりで移動しやすいサイズ感のため、玄関からキッチンなど様々なシーンでお使いいただけます。

TA コレクションは、人間工学と美学へのニーズに対し、上品でシンプルなアイディアを提供したいという考えから生まれました。1950年代のスタイルからインスピレーションを受けつつ、現代のニュアンスもわずかに加えています。そのニュアンスとは、先進的でありながらも比較的シンプルな構造で、奇をてらわない一般的なものです。

ファイバーバースツールは、シートにウッドファイバーとプラスチックファイバーによる革新的な複合材を使い、ディープマットなサーフェイスでソフトな仕上がりとなっています。洗練されたスレンダーなチューブベースは、バーやレストラン、ラウンジにフィットするデザインです。

ポップでカジュアルな印象のカウンターチェア。屋外使用にも適しています。スタッキング可能なため、使用しない時は重ねて場所を取らずに収納できます。

スタイリッシュなデザインでどんなダイニングとも相性よくお使いいただけるハイチェア。ゆるやかにカーブした座面が、背中をほどよくサポートしてくれます。座面にはメンテナンスがしやすい合成レザーを使用。「360度回転」「無段階昇降」と使い勝手を考えられた機能が備わっています。

ペンダントライト

光源のカタチそのものをデザインにしたBEEMランプ。SMILEは、ストレートタイプ、U字タイプ、笑った時の口元のような半円タイプの3種のバリエーションを展開。セラミック製のベースにガラス製の発光体を装着したシンプルな構造ながら、ベース自体が可動(約100度)する機能を持ち、灯具装着後も様々なアレンジが可能です。

文字の一筆書きなどのカリグラフィーからインスピレーションを得た、光が渦を巻くかのように見える照明。カーリーは、電球ソケットの周りにねじれて巻きつき連続的な非対称コイルを作り出す、光の渦のような電球です。調光も可能で、ホームユースから、パブリックスペースまで幅広くご使用いただけます。

時代を超えたタイムレスな照明のフォルムに敬意をはらって完成したシャドウコレクション。4種類の異なるフォルムが存在し、それらを自由に組み合わせてひとつの空間をつくり出すことが出来ます。

ハードで重厚感のあるパサデナランプ。存在感のあるデザインながらも取り入れやすいサイズ感が魅力です。あえて粗さを残した塗装が、ヴィンテージ照明のような雰囲気を引き立てています。

やわらかなゼリーのようなフォルムをイメージしたペンダントライト。存在感のある大きさはお部屋のアクセントになります。マットな質感で落ち着いた雰囲気を演出します。

花のように可憐で美しいペンダントライト。一つ一つ手作業で作られた、繊細で味わいのあるデザインが魅力です。花びらのようなシェードには、高級感のあるインドネシア産カピス貝を100%使用。光を付けると花びらの影が広がり、昼間とは違った華やかで幻想的な表情を見せてくれます。

空間に合わせた演出が楽しめる6灯ペンダントです。ボール状シェードの高さをそれぞれ調節して、全体のシルエットはもちろん、光の加減も自由に操ることが可能です。ご自分の好みやトレンドのスタイル、シチュエーションに合わせて、ランダム、等間隔、もちろん同じ長さで揃えることもできます。広めのエントランスや吹き抜けスペースに吊るしていただくと、オブジェのように空間を引き立てます。

マットブラックのボディにシェードを支える3本アームのメタル感。落ち着いた存在感でお部屋の雰囲気をさりげなく演出する1灯ペンダントライトです。プリーツ状のカットが入ったガラスシェード、または上質なマット仕上げのアルミシェードの2タイプを展開。どちらも人気ダイナーの店内や厨房を連想させる、シンプルなのにどこか新鮮な趣きです。

柔らかいフォルムのガラスシェードに、瓶のコルクのように添えられたタモ材が存在感のあるガラスペンダント。肉厚なガラスは重厚感がありながらもシンプルで、使う場所を選びません。ツイストコードがレトロなアクセントになっています。

ミラー加工が施されたガラスシェードが、点灯時と消灯時で違った表情を見せる多灯吊りペンダント。個別でコードの長さを調節すれば、吊るし方によって色々な表情を引き出すことができます。

真鍮製のソケットカバーにマットなスチールシェードの組み合わせ。バランスの取れたシンプルなデザインのペンダント照明です。シェードの内側はホワイト塗装のため、光を効率よく反射させて明るさを補います。ソケットカバーとスチールシェードの組み合わせをお選びいただけます。

アルミの質感を生かした、飾り気のないプレーンなデザインのペンダントライト。半円型のシェードはシンプルでありながら存在感があり、メタリックな質感がインテリアのアクセントとなります。BK色のみ艶のない仕上げです。

ディスプレイをしてカフェのような雰囲気を演出できる、3灯タイプのペンダントライト。スチールのバーにはエアプランツやスワッグ、ガーランドなどを飾り付け、自分なりにアレンジして楽しむことができます。本体にはナチュラルな質感が感じられるオーク無垢材を使用。電球には熱を持ちにくいLEDを使用しており、調光器の使用にも対応しています。

磁器製のカラーソケットにアンティ―クランプの組み合わせ。無駄のないベーシックなデザインのペンダントライトです。ねじりコードのカラーはソケットの色に合わせて設定されています。

シェードがテラリウムになったペンダントライト。個性的なフェイクグリーンが付属し、インテリアのアクセントとして手軽にグリーンを取り入れることができます。

船舶用ランプをモチーフにしたペンダントライト。ガラスシェードから趣ある光が広がります。ソケットにはロータリースイッチを採用。アンティーク調のインテリアとも相性良く合わせていただけます。

プラスαアイテム

電源不要!どこでも気軽に炭酸ドリンクが作れる新アイテム「e-soda (イーソーダ)drink」
気の抜けた炭酸飲料やビールもe-sodaを使えば購入時よりも炭酸を多く入れれます。 ・500mlのボトルあたり、約18円で炭酸水が楽しめます。 ・500mlペットボトルを毎日1本購入した時と比較すると「年間35,040円」もお得!

使用すればするだけお金がかかるボトル式は、費用面を気にして 飲む量を控えていたユーザーさんがたくさんいます。 定額制ならどれだけ飲んでもずっと安心の均一料金(定額3280/月の使い放題!)。  飲むだけじゃなくお料理にまで使用できるようになり活用の幅も広がります。

タイトルとURLをコピーしました