私のリノベーション会社はどこ?

ちょっとドラマ風の書き出しで始まりましたが、真面目なところ理想通りのリノベーションができるかどうかは、リノベーション会社選びにかかっていると言っても過言ではありません。

「でも、どうやって自分にぴったりの会社を見つけたらいいの?」とお困りの方も多いと思いますが、今回はそんな方へのなにかいいヒントになるようにご報告させていただきます。

まずはあなたのリノベーションタイプを明確にしたうえで、会社を探すことが重要です。

あなたがどんなタイプに当てはまるのか、そしてどういう探し方があるのか、それぞれチェックしていきましょう。

貴方の「リノベーションスタイルを」決めましょう

物件の形態は戸建てかマンションか

参考までに、リノベーションの内容と費用面で中古戸建リノベーションと中古マンションリノベーションは別物と考えたほうが良いです。

費用面でいうと中古戸建てのリノベーションは、中古マンションのそれよりも約2倍はかかると覚悟したほうがいいからです。

なぜなら、中古マンションは外装のリノベーションをしないからです。

中古戸建は外装部分も自己所有物ですが、マンションの外装部は自己所有ではなく共用部になり、毎月突き立てられた修繕費から計画的に監修されます。(修繕積立金のランニングコストはかかりますが)

物件を購入してリノベーションするか、すでに住んでいる家をリノベーションするか。

中古住宅の紹介から物件のリノベーションまでワンストップで対応してくれる会社もあるので、そういった会社を探してみるのもいいでしょう。

物件調査からデザインまで一貫して携われるので、齟齬がなくなります

既に住んでいるお住まいをリノベーションするケースでは、「子供の成長に合わせて部屋の間取りを組み替えたい」「窓が無くて暗い廊下を明るくしたい…」など、生活環境に合わせた改善できるのがメリットです。

つまり「敵を知るにはまず己を知る」ということでしょうか。

Sponsored Link
Sponsored Link

あなたの希望するリノベーションのスタイルが決まったとして、それにマッチングする会社はそう探せばいいのでしょうか。

ポイントは主に7つあります。

①リノベーション会社の得意分野と自分の目的がマッチしているか

②実績や豊富な施工事例

③打ち合わせやプランニングなどの手厚いフォロー体制の充実

④アフターサービスなどの充実

⑤物件探しからやってもらえるか

⑥物件仲介や施工工事など、どれか一つだけを担当しているのか、そrとも物件探し、設計、施工、アフターサービスを一貫してワンストップで対応できるのか

⑦見積もりなどを含め、柔軟に対応してもらえるか

①②はインターネット、雑誌、チラシ用の媒体で調べられる分野ですね。貴方が選んだリノベーションスタイルが、「中古マンションを購入して、フルリノベーションをする」と決めたらその分野に得意な会社に絞って調べることをお勧めします。なんたって東京だけでもリノベーションができる会社は200以上あるんですから。

③④は正直、実際にその会社にいってお話しして感じてもらうしかありませんが、事前にネットなどをみて実績と対象地域やサービス保証期間などや実際経験された第三者の意見などチェックしておくことも重要です。

いきなりその会社に訪問するんじゃなくて事前の下調べは必要です。

またお身内や会社の同僚、お知り合いの方でリノベーション経験がある方からお話を聞くこともおススメします。取引の中で困ったことやトラブルがあったらその内容を詳しく聞いておくのもいいでしょう。

⑤⑥は不動産の仲介・物件探し・プランニング・設計、そして施工、アフターフォローまで一貫して行えるワンストップ型のリノベーション会社を選ぶのをお勧めします。

リノベーション会社の種類

リノベーション会社には、主に3種類の形態があります。

リノベーション済の物件を販売する会社
中古戸建や中古マンションを自社で購入し、自社でデザインしたリノベーションを既に施工したあとで、販売している会社です。

ワンストップ型リノベーション
ワンストップ型リノベーション会社は2種類に分かれます。

 

・パーシャルワンストップリノベーション
パーシャルワンストップリノベーションとは設計会社が主導し、提携先の不動産仲介業者やリノベーション業者に施工を依頼する形態です。
いろいろな各専門会社と連携しているので、希望のリノベーションを実現できる可能性が高いです。
しかし、提携先の仲介業者や施工業者へとつないでいるため、コンサルティング料・コーディネート料が料金内に含まれるケースもあります。

・オールワンストップリノベーション
オールワンストップリノベーションとは、物件探しや設計、施工などの工程を全て自社で行う会社のことを指します。
一つの会社が全ての契約を行うため、契約周りや工事のフロー、全体の見積もりなどが煩雑化しないのが特徴です。
分業をせず、1社での工程が長いため、多くのお客様を迎えられない事もあります

・リノベーションだけをする会社
既に所有している自分の家や、お客様が自身で既に探して購入した物件に対して、リノベーションのデザインをお客様と一緒に考え、設計及び施工を行うリノベーションだけをする会社です。

それぞれの会社に向いている人を紹介します。

リノベ済み物件を販売する会社は、こんな人に向いています。

・住宅コストを抑えたいが、汚いままの中古物件は無理。

・いろいろ考えて間取りを考えたりするのは面倒。

・古感が残らないように、内装は新築時と同じくらいに綺麗に仕上がっていてほしい。

・ローンを家の購入とリノベーションの2本立てで組む必要がないので、ローン手続きがお手軽で良い。

ワンストップリノベーションの会社は、こんな人に向いています。

・自分の家は、自分でいろいろデザインしてみたい。

・家族それぞれにあった生活の動線があり、自分たちにあったライフスタイルを実現したい。

・プロのアドバイスをもらいながら自分にあった家を探したい。

・ローンの手続きも不安なので、プロのアドバイスを聞きたい。

・すでに家を所有している人でも、ワンストップリノベーション会社に依頼する事は可能です。

リノベーションだけをする会社は、こんな人に向いています。

・すでに家を所有している人。

・リノベーションに対する考えはワンストップリノベーションと同じ。

・これから物件を探す人でも、物件探しにプロの意見は必要とせず、自分で目利きが出来る。

※自身で目利きが出来ると言っても、アスベストの回避や、建物管理状態の調査はかなり難しいので気をつけてください。

・ローンも自分で銀行に直接聞けば良いので、特にプロのアドバイスを必要としない。

・基本的に全て自分自身でやることが楽しいが、設計と施工だけはプロと相談しながら進めたい。

いざ、リノベーション会社へ

リノベーションの内容がある程度決まったらこの順番で気に入った会社が見つかったら、実際にその会社に行ってみましょう

最終的には選んだ会社に相談しなければなりませんが、現在はオンラインで気軽に相談出来たり、セミナーや説明会に参加できるところもありますので、ぜひパートナーと一緒に参加してみてはいかがですか。

出典:LOHAS「これで失敗しらず!リノベーション会社の選び方」

出典:ゼロリノベ「自分にピッタリのリノベーション会社の選び方がわかる6つの手順」

直接リノベーション会社に行く前に相談できる会社をご紹介します、

株式会社ホームプロ
・利用者は匿名のままで、希望の内容・地域に対応可能なリフォーム会社を複数紹介します。(無料)
・加盟リフォーム会社は現在約1200社。利用者の評判まで確認して厳選。 日本全国で会社紹介サービスをご利用いただけます。
詳しくはコチラから↓

Sponsored Link