ヴィンテージリノベ生活にこだわる

インテリア



Sponsored Link
Sponsored Link

ブルックリンスタイル

ブルックリンはニューヨーク州5区の一つで、マンハッタン地区とはイーストリバーを挟んで反対側。ラグジュアリーなマンハッタンとは対照的に古い工業系の建物の無骨さをそのまま活かした古いアパートや店舗・倉庫が立ち並ぶ街がブルックリン地区です。
マンハッタンから押し出された移民の歴史背景を持つため、さまざまな民族が住むエリアであることから、移民や労働者、クリエーター、新進気鋭のアーティストなどが集まるようになり、多様な生活スタイルが入り混じった、ラフな感覚の中にアンティーク感のある雰囲気と洗練されたアートを織り交ぜたようなブルックリンスタイルが独自のインテリアスタイルとして定着したものです。
今でも流行最先端の街でありながら、古いものを生かして楽しむというインテリアの考え方を大きく反映したスタイルとして近年ふたたび注目を集めていて、リノベーションのモデルとしても人気のスタイルとなっています。

 ブルックリンスタイルに近づけるための大きなポイントは

 
まず第一に、レンガの壁

ブルックリンといったら「レンガの壁」が代名詞になるくらい、ドンピシャのイメージです。ブルックリンは対岸のマンハッタンのような高層建築がない代わりに、少しのんびりした穏やかで自由な雰囲気を作り出しています。
新しい文化の発信というイメージのある一方、古いレンガ造りの建物などが立ち並ぶアンティーク感のある雰囲気と洗練されたアートを織り交ぜたようなブルックリンスタイルを効果的に演出するには、レンガを使ったインテリアコーディネートがよく合います。
最近はリアルでいろいろな風合いを再現したレンガ柄の壁紙があるので、費用の節約のためにも、気軽にワンポイントで使用することが多くなりました。

最近のトレンド「サブウェイタイル」

サブウェイタイルとはアメリカのニューヨークの地下鉄の駅構内で使われていた長方形のタイルの事で、ホワイトを基本としたシンプルでカッコいいタイルです。
本場アメリカではよく使われており、海外ではメジャーなタイルです。セラミックの硬質的な雰囲気がキッチンやお風呂など色んな場面でマッチングするようです。
本物じゃなくても最近は壁紙でサブウェイタイルを楽しんでみるケースも多くなりました。
ブルックリンスタイルの感じをつかむのために、許されれば現在お住まいのトイレなどのちょっとした空間にブルックリンスタイルを取り入れてみるのはいかがでしょうか。
壁面にレンガ風のリメイクシートを貼って、さらに英字のトイレマットや、英字のステッカーを貼ってみたりしてそれだけで十分イメージを掴むことができると思います。ちょっと試してみるのには、スペースの狭いトイレや玄関がおすすめです。
床材は木目がきいた古材がベスト

レンガ壁とよくマッチする古材の床もあわせて取り入れることもブルックリンスタイルの重要なポイントです。
特に古材のちょっと濃い目の木目をあえてあしらってインパクトにするコーディネートも効果的ですね。

色味は明度をぐっと抑えて

ブラックやダークカラー、スモーキーカラーなど明度の低いアイテムを取り入れたスタイルが特徴です。色味をプラスする場合は明度を抑えたカラーで合わせるとまとまりが出ます。
そもそもブルックリンは倉庫や工場などの面影が強く、インダストリアル的なイメージも根強いため、明度を落としたテリアルの質感が際立ち重厚感が増すとぐっとブルックリンっぽくなります。

よりブルックリンスタイルを演出するのは、家具と小物

ブルックリン風のインテリアにしたいなら、内装は明るい色を使いすぎないというのも大切です。カラフルな家具を置いてしまったらブルックリンスタイルとは程遠くなってしまいます。
家具は、ヴィンテージ家具の中でもエイジング感が強く、黒や茶色などダークトーンの家具でまとめるのがポイントです。
レザーのソファや黒いアイアンラックなどは、レンガ壁や古材の床との相性もよくそれだけで、ブルックリンスタイルにぐっと近くなります。
古く味わいのあるレザーのソファは、重ねた年月が作り出した色合いと、存在感のあるフォルムが木製の家具や、レンガ壁、アイアンを使った家具との相性もピッタリです。

黒板や英語のステッカーも演出効果抜群です。

かっこよく飾られた英語のステンシルやウォールステッカーがやブラックボード(黒板)があるのもブルックリンスタイルの特徴の一つです。
壁が黒板調になっていて、そこにチョークでおしゃれなデザインや無造作に英字が書かれていたり、カフェ風のブルックリンインテリアにしたいというかたには、手軽で効果的な演出といえるでしょう。

観葉植物やフェイクグリーンが意外な効果を演出します。

植物を部屋に飾るのはニューヨークスタイルの基本ですが、切り花を飾るとマンハッタン風だと思われていますので、ブルックリンを目指すなら観葉植物が必須です。
明度を落とした無機質な部屋とオーガニック要素として取り入れたグリーンのミックスで、ぬくもりが感じられる空間になります。大ぶりな観葉植物を選んで大雑把に置いておく感じが似合います。
天井から吊るしたり、棚の上に置いたり、または巻き付けるタイプのグリーンを窓辺に垂らしても素敵です。あなたのセンスで自由に飾り付けしてください。

暗めな照明が基本です。

ブルックリン風のインテリアと言ったら、暗めの照明に照らされた部屋がぴったりです。蛍光灯の白よりも、暗めの電球を使ったほんのりとした照明の方がブルックリン風のインテリアにするコツ。明かりが足りないと感じる時は大きいタイプのものでバランスをとってみるのもいいですね。

インテリア小物も演出のための大きなファクターです。

黒板やホワイトボードを効果的に配置したり、昔のイメージのする写真を飾ったり、英字プリントのタペストリーやポスターなどを置くだけで一気におしゃれなブルックリンスタイルの部屋ができあがります。
あなたの思いのままに飾り付けて雰囲気を楽しむのもブルックリンスタイルポリシーではないでしょうか。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました