子育て世代には・・・

子育て世代には中古マンション購入+リフォーム・リノベーションがおすすめ

人生の中でライフスタイルが著しく変化するのが、結婚から子育てまでの世代ではないではないでしょうか.
特に出産後、幼児期、幼年期、小中学校、高校大学時代と子供の成長に合わせて変わる生活スタイルを見越して間取りが変更できるといいですよね。

子育てを意識した間取りが実現できる中古マンション購入+リフォーム・リノベーションがオススメです。

子どもが小さいときは、料理や掃除、洗濯といった家事をしながらも子どもの様子が気がかりで、常に目が届くレイアウトがいいんですが、出来合いの間取りだとなかなか難しい場合があります。

もちろん新築でもその点を重視して選択することもできますが、新築マンションは基本的にどの家庭でも対応するようにレイアウトされたものが多いので、それぞれの生活スタイルに合わせるにはやっぱりリフォームやリノベーションでそれぞれの生活スタイルを作り上げるのがいいのではないでしょうか。

対面式のキッチンは、子育て世代の主流となりつつある定番スタイル。

リショップナビ

子どもの様子を気にしながら家事のしやすい間取りや、親子のコミュニケーションが取りやすい間取りといえば対面キッチンのあるLDKにするのが人気です。
お子様が小さいときには料理をしながらでも、リビングで遊ぶお子さんをしっかり見守れます。

お子さんが小学校に上がったら、リビングで宿題をしている様子を見てあげるのもいいですね。自然と会話が生まれるので、家族のコミュニケーションが円滑になるはずです。

Sponsored Link

キッチン横には家事室を設けて家事効率アップ

ママ専用の家事室やミセスコーナーがあると、家事の合間のホッとする時間をすごしたり、最近では在宅でお仕事をされるケースが増えていますし、この傾向はこれから定着する傾向がありますので、ワーキングスペースや趣味などのワーキングスペースとしてこれからますます需要が高まると思います。

家事動線を意識した間取り

子育て中の多忙なママにとって、家事動線を意識した間取りに変更して家事の負担を少しでも軽くすることはとても重要です。

キッチン・お風呂・洗面所・トイレなどの水まわりは、子育てや家事で使う頻度の高い場所。できるだけ近くキッチン・お風呂・洗面所・トイレなどの水まわりは、子育てや家事で使う頻度の高い場所。できるだけ近くにまとめた間取りにしておくと、家事動線が短くなるため楽になります

とくに洗濯から物干しまでの動線を意識した脱衣→洗濯→物干しの一連の流れは、家事動線を意識した間取りにすることで、とてもスムーズになります。

親子で一緒に入浴しやすい浴室・浴槽の広さを確保

浴室や浴槽をリフォームする際は、親子で入浴しやすい広さを確保するのが一番です。浴室の拡張向けに設計されたユニットバスや、ワイドサイズの浴槽を選ぶなど、既存の浴室の広さを変えずにできるリフォーム方法も色々あるので、業者に相談してみましょう。可能なら、脱衣所も広くしておくとさらに快適になります。

洗面台は、大きく広い物が使いやすい

洗面台を選ぶときに失敗しがちなのがデザイン性を重視した見て目だけで実用性をあまり考えないことですね。

小さくて浅い洗面ボウルを選びがちですが、ボウルのサイズを大きく広い物にリフォームすれば、お子さんの上履きを洗ったり、汚れた衣類を漬け置き洗いしたりできます。

またスペースに余裕がある場合は、洗面台の脇にカウンターを設置しておくと、何かと便利です。

室内物干しや浴室乾燥機はもはや必須アイテムかも

最近の天候不順は、最新の気象予想システムでも対応できないくらい困ったもんです。こんなとき子育てママのお悩みは天候に関係なく毎日発生する洗濯物の量。
天気の悪い日が続いたり、花粉の季節になったりすると、干す場所にも困ってしまいますよね。

そんなお悩みを解消してくれるのが、浴室暖房乾燥機です。

浴室に物干しを取り付けて乾燥機を使えば、天候や季節に左右されずに洗濯物を干せますよ。

リビングに和室を設置するのもいいですね。

リビングの横に和室があると、子育て中にも何かと役に立ちます。
赤ちゃんのおむつ替えやハイハイの練習、少し大きくなってからは寝転がって遊べるなど用途が広く、また畳のほうがクッション性があるため、フローリングの上で過ごすよりも安心です。

勉強机をどこに置くか問題。

勉強机をどこに置くかという問題は、各家庭によって考え方はまちまちで意外と悩みの種になっているご家庭が実は多いんです。

最近ではリビングの一角に勉強するコーナーを設けたり、ダイニングで宿題をさせたりするスタイルが浸透しつつあります。
お子さんが小さいうちはリビングで面倒を見て、大きくなったら間取りの変更で子供部屋を追加するというのも一つの方法のようです。

将来を意識した可変プラン

子どもが成長するにつれて、子育てしやすい間取りも変わります。小さい頃は兄弟同室が便利でも、思春期になればプライバシーも気にしてあげたいところです。その点中古マンション+リフォームならば、最初から子どもの成長を意識した柔軟性のある間取りにすることができます。

小さいときは1ルームで利用、大きくなったら寝室を仕切ってプライバシーに配慮。さらに大きくなって独立したら、仕切りを外して再度1ルームへ変更。

例えばあらかじめリビングの横に、間仕切り戸付きの洋室を用意しておき、お子さんが大きくなったら個室として使えるように設計するのもおすすめです。

各家庭の成長度合いに応じて可変する間取りはこれからの常識になっていくかも知れませんね。

リフォーム・リノベーションで活用しやすい補助金やローン

・子育て支援リフォーム補助金の活用

市区町村によっては、子育てのための住宅改修や、三世代(親・子・孫)が同居あるいは近居するためのリフォームに対して、補助金を支給してくれる場合があります。

また、断熱化工事や節水トイレへの交換などの省エネリフォーム、耐震補強工事などを実施する場合にも、補助金の対象になるケースがあります。

地域によって、工事内容の条件や、ご家族の年齢、世帯年収などの条件があるので、お住まいの自治体に確認してみるとよいでしょう。

「リフォーム一体型」の住宅ローン

これから中古住宅を購入してリフォームするご予定なら「リフォーム一体型」の住宅ローンがおすすめです。

出典:ノムコムwith kids

出典:リショップナビ 

参照:リショップナビ「リフォームローンの選び方」 

Sponsored Link

リノベーションをお考えの方に耳より情報です。ぜひお気軽にご利用ください。

リノベる。ではお客さまのご自宅(近所のカフェなどもOK)での訪問相談をはじめました。今までのショールームでの個別相談にくわえ、小さなお子様連れのご家族やショールームまでのアクセスが不便な方、時間がなかなかとれない方にもご相談いただけます。ただし現在、東京近郊での訪問相談は、東京23区と神奈川県川崎市お住まいのお客様限定となっております。
詳しくはコチラから→リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

Sponsored Link