子育てのためのリノベーション「子供の実家を作る」

リノベーションを決めるきっかけとしてよくあるケースとしては、結婚・出産・そして子供たちが独立した後のセカンドライフがあります。

今回は、第一子誕生を契機にリノベーションを実践し、リノベーションをする前に考えていたことと、リノベーション後実際暮らして感じたギャップやよかったという情報です。

住まいというか「家」というのは、新築にしろ、中古マンションを購入してリノベーションするにしろ親となる人が決めて作り上げるものですが、そこで生まれた子供にとってはその家こそが生まれ育った「実家」となり、生まれてきて初めて触れ合う社会空間でもあるわけです。

その時点から親と子どもが最も長い時間をともにする場所となるわけですが、子育ての人生で何度も経験することでもありませんし、親と子が家族として一緒にいられる時間は意外に決して長くありません。

自分の子供ができ一緒に暮らすと自分の家庭をというか「自分ち」を実感することになるのではないでしょうか。

だったら、その貴重な時間をより素晴らしいものにするために、自分たち家族の“らしい暮らし”ができる家を作り上げたいと思うのはよくわかります。

それには自分たちの生活に合わせたレイアウトが実現できるリノベーションが選ばれるんでしょね。

今回ご紹介するリノベーションした物件は、116㎡の2LDKの物件で、LDKで約30㎡、そして別室として30㎡を設けたというリノベーションの例です。

Sponsored Link
Sponsored Link

赤ちゃんは意外なほどに動き回るんです。

出典:リノベる

30㎡のLDKというと約9坪で、畳で換算するとおよそ18畳分に相当する広さになります。十分に広いスペースですね。

ところが、赤ちゃんって3~4か月もするとハイハイを初めて結構動き回ることがわかりました。

十分広いLDKだと思っても、このくらいの広さがあってよかったと実感します。

お子さんの入浴時の着せ替えに便利。

その他に結果的に良かったレイアウトとして、お風呂の脱衣スペースを広くしたことです。

特に余裕のある洗面“台”ですね。子供をお風呂からタオルで受け取って、そのままリビングに連れて行くというケースが多いと思いますが、お風呂上げてそのまま拭いたり服を着せたりできるのに便利な台です。

玄関は思い切って広めにとる

玄関はどうしても安直に考えられがち。必要最小限のスペースがあればいいか。と思われがちですが、あえて広めにとっておくと子育てにはとっても助かります。

ベビーカーって意外とスペースをとりますし、買い物などの荷物があると玄関が広くてよかったって実感します。

30㎡別室の本当の狙い

今回のリノベーションされたお家には30㎡の別室がレイアウトされています。

例えば子供が増えた場合や、子供の進学や方向性の変更に対応できるように、予備というか、空間をあらかじめ予定しておくという前提で設けたということです。

当然単なる空き部屋というわけでなく、このご家庭ではリビング以外の機能が全部揃っていて、もし家族が増えて、子供たちが大きくなったら、別室を夫婦のスペースにする予定なんだそうです。

決められたスペースでこのような別室を設けるということは難しいケースもありますが、将来の変化にある程度柔軟に対応できるということを、計画段階で意識しておくということも重要ですね。

ウォークインクローゼットは避けた

これは人それぞれで考え方は違ってくるでしょうが、このご家庭ではウォークインクローゼットの人の入る部分はある意味無駄なスペースだと考え、収納は廊下と寝室の横に設けているそうです。

必要なスペースは、大きく大胆に、その分無駄なスペースは必要最低限まで省略するといったメリハリも必要かもしれませんね。

いつかこの家を巣立つ子供たちへ

「住育」という観点からも、いづれ巣立っていく子供たちが実家を通して、自分らしく暮らしていくためのいろいろな選択肢の中から自分で考えて決められるような時間を共有しサポートできるリノベーションであったらいいなと考えているようです。


出典:リノベる「子育てオトンのリノベーション」

リノベーションをお考えの方に耳より情報です。ぜひお気軽にご利用ください。

リノベる。ではお客さまのご自宅(近所のカフェなどもOK)での訪問相談をはじめました。今までのショールームでの個別相談にくわえ、小さなお子様連れのご家族やショールームまでのアクセスが不便な方、時間がなかなかとれない方にもご相談いただけます。ただし現在、東京近郊での訪問相談は、東京23区と神奈川県川崎市お住まいのお客様限定となっております。
詳しくはコチラから→リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

Sponsored Link