実現の期限を決めて始めたリノベーション

Sponsored Link
Sponsored Link

NO BORDER

暮らしも街も変える

以前は江東区にある約30平米の賃貸に暮らしていましたが、「30代になるまでに家を買いたい!と思っていて、ちょうど29歳で家の購入に動き出しました。現在アパレルの販売員をしているんですが、歳を重ねていくごとに暮らしの方にも興味が出てきて、家具や食器を集めていくなかで、リノベーションにも憧れていて、おしゃれな家に住んでいる先輩や同僚の中にリノベした人がいたことも大きかったですね」と当時を振り返るご主人。

リノベーション施工会社も決め、いよいよ物件探しを始めました。当初は、住み慣れているという理由から江東区近辺で物件を探していましたが、特段エリアには固執していなかったとので、将来家族が増えても対応できるよう、予算内で出来るだけ広い物件を探していたそうです。

最終的に購入したのは、戸塚のとある物件。都心からは離れたものの、80平米超えの十分な広さと、緑豊かな周辺環境は子育てにも適していて、まさにご夫妻にぴったりだと考えたアドバイザーからの提案でした。

物件自体は気に入っていたものの、当初は土地勘の無い場所での生活に少し不安もあったそうですが、実際に暮らしてみるとそれは杞憂に過ぎなかったようです。駅前は店も多いし、鎌倉近辺に好きな食器屋さんが多いので、以前より近くなって嬉しいです。とご主人は語ってくれました。

国境を超えた調和

物件が決まりデザイナーから提案された案のうちご夫婦の意見が一致したのが、市松模様の床が印象的な今の住まいのベースとなる空間でした。床の張り方でちょっぴりレトロな雰囲気を掻き立てながらも、夫妻が集める世界各国の家具や食器、小物を飾った時に調和するような国境や文化を超えた世界をイメージして、家具の映えるシンプルな空間を創り上げていきました。

玄関からそのまま開放的なLDKが広がり、最大限のスペースを割いたリビングは、木の温かみが全面に感じられる無垢の床。市松模様の床はどこか懐かしい雰囲気を放っています。真っ白な壁と天井が床の個性を引き立たせ、「裸足で歩くと、とても気持ちよくて。やっぱり本物の木を使って良かったです」とにっこり笑う奥様。

リビングから1段高くなったステージのようなキッチンは、段差で緩やかにシーンをゾーニング。クールなステンレス製のキッチンはご主人たっての要望で、「木の温かみがあるリビングとはメリハリをつけたくて」と、オールステンレスで造作しました。

キッチンの隣には横幅3m超えの造作の食器棚が。ここにはご主人が趣味で集めている民芸品や和食器がずらりと飾られていて、まるでショップのよう。料理好きのご夫妻は、2人でキッチンに立つことも多いそうで、キッチンから見えるこの清々しい景色を眺めながら、料理する時間を楽しんでいるのだそうです。

お住まいにある家具はほとんど前の家から持ってきたもので、時間を掛けて少しずつ集めた家具たちを大切にしています。ダイニングテーブルは栃木県の益子にある古道具屋でオーダーした一点物で、再利用したちゃぶ台の天板に、アイアンの脚を付けたモダンな仕様。奥ゆかしい市松模様の床も相まって、まるで前からそこにあったかのように空間に馴染んでいます。ダイニングチェアはイギリス生まれのアーコールチェア。そとなりにはインドのキリムに、カメルーンのバミレケ族の椅子…夫妻の審美眼によって選ばれたインテリアたちが国境を超え調和したその光景は、まさにH邸のコンセプト『NO BORDER』を物語っていました。

あえてインテリアのテイストやルールを設けない、ご夫妻の『NO BORDER』というスタイル。これからも増え続けるであろう2人の選りすぐりのアイテムたちは、この空間で、どんな表情をみせてくれるのでしょうか。

Sponsored Link