町家FURNITURE

リノベスタイル

リノベーション

今回の主役は照明関係の仕事をするシングル男性です。

年齢的なタイミングも含め、そろそろかと感じ引越を決め、この先ずっと暮らす家だから賃貸ではなく持ち家が良いと考えていたそうです。たまたま友人がリノベーションを体験していたこともあって、新築の決まりきった仕様ではなく、自由に空間をつくれるリノベーションを選択したそうです。

物件の希望は実家の府中近辺で探すこと、そして通勤に便利な沿線ということを条件に物件探しを始めましたが、最初に見た物件が自分の雰囲気にマッチしたようです。

「雰囲気で少しでも違うと思ったら、違うじゃないですか。男性と女性みたいなものですよ(笑)」 と語る今回の主役。なるほど、確かに物件との出会いは一期一会。男女の出会いのようなものかもしれませんね。

実家からも近く、通勤にも便利な、築22年のこの物件を見初めたようです。

昔から、奥行きの感じられる京町屋の空間に憧れを持っていたので、リノベーションするなら、町家の要素でもある、”格子””障子””畳”は必ず取り入れたいと考えていたそうです。

また、1人暮らしを始めてから約10年間かけて集めたデザイナーズ家具を活かしたいということも要望のひとつでした。

要望をもとにデザイナーが提案したコンセプトは「町家FURNITURE」。伝統的な和の要素を取り入れながらも、そこに各国の名作家具が映えるようなモダンなデザインの空間です。

出来上がったのは、和室を設けた1LDK。余計な扉を設けず、奥へ奥へと続く空間は、町家をイメージしたつくりです。

アトリエスペースの反対側に取付けた格子引き戸をカラカラと引くと、そこは洗面スペース。格子から微かに見える洗面化粧台の黄色×白で市松張りにしたタイル。が、日本人の和の心をくすぐる心憎い演出が光ります

完成し生活をし始めて、「とにかく、リノベーションをしてから生活が格段に楽しくなりましたね。 好きなものに囲まれているし、嬉しいです。今まで賃貸では出来なかったことも出来るようになりましたので。」と自分の理想の空間を実感されているようでした。

自分だけのオリジナル町家に、名作家具を詰め込んだ家、町家FURNITURE。この独特の世界観はまるで町並みが変化していくように変貌を重ねていくんでしょうね。ホント楽しみです。

コメント

  1. […] お子様誕生を機にリノベーション 広い仕切りのない空間に憧れてリノベーション ホテルの様な暮らしのリノベーション インテリアの興味が高じて決めたリノベーション 自宅兼オフィスという特殊なライフスタイルのリノベーション 自分の好きなように自由にカスタマイズ出来るリノベーション 保育園の待機児童が少ない、自分たちの希望のエリアでリノベーション 友人を招いてホームパーティーが楽しめるリノベーション イベント好きな夫婦が実現したホームパーティーができるリノベーション 12年間住み続けたアパートから心機一転のリノベーション 結婚を機に奥様の実家のそばにリノベーション 「広く」「自由」な住まいを希望し実現したリノベーション 画一化された新築に魅力を感じなかったためにリノベーションを選択。家族それぞれに居場所があるプラン。 結婚を機に住みながら自分好みの空間を作りたいと思ったのが動機。自分の住むところを含め周辺地域と環境を重視。 友人が経験していたのもあって、自由に空間を創れるリノベーションを選択。奥行きの感じられる京町屋の空間を参考に。 長男の誕生を機にリノベーションを決意。広いリビングと、ヴィンテージの風合いが感じられる家 仕事柄いつか自分の好きな空間を細部やディテールまで全てを一からデザインして住みたい。が動機とこだわり 奥様の会社の話題からリノベーションを決心。イメージはヨーロッパの庶民的でマニッシュな雰囲気のホテル 4人家族で手狭になったので自分の好きな空間が出来るリノベを決意。今までの生活圏を変えずに生活できることが条件 年齢的に近い友人達が家を購入し始めていたため決意。ゆったりとした時間が流れる落ち着きのある家と言うコンセプト 「新築はどれも似たような物件ばかり。2人のライフスタイルにあった住まいをつくりたい」との想いから 駐在先のオープンスタイルのシャワールームが「とても使い勝手がよかった」ため、水廻りに間仕切りのない家に住みたい アメリカンヴィンテージの中に、小上がりの畳スペースで和の要素を取り入れた、ユニークなテイスト。 大事に育てているアクアリウム。熱帯魚たちが水草の間を泳ぐ様子は美しく、インテリアとして活かしたい、 転勤の多い職場に勤めていたので、もっと交通の便のいい場所に住みたいと思ったのがきっかけでした お父様所有のマンションを譲り受けお子様のお部屋を造ってあげたいというご希望をきっかけに、 家の購入は考えてなかった時に、チラシで見た間取りに惹かれたのがきっかけ もっと広い場所で自分の好きな空間に住みたいとの思いから、購入を決意されました。 希望されたのは、まだ小さいお子さまを見守れる開放感のあるお住まいです。 お子様の成長によりお引越しを考え、中古を買って自分たち好みのインテリアにしたい 今まで集めてきた家具や雑貨などのコレクションが映えるような、自分好みの家に住みたい 大容量のWICを開放すれば、そこはお気に入りのファッションを楽しむフィッティングルームに […]

タイトルとURLをコピーしました